地域BWA(Broadband Wireless Access)は、2008年より「地域WiMAX」として、デジタルディバイドの解消や地域の公共の福祉の増進に寄与することを目的として導入された2.5GHz帯の周波数(2,575~2,595MHz)の電波を用いた電気通信業務の無線システムです。

WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)は、高速移動無線技術の標準規格の1つですが、地域WiMAXでは2,582MHz~2,592MHzの10MHz帯幅が割り当てられ、免許制として、市町村単位で地域事業者に利用されています。

2014年10月からは、電波法令の制度改正により、地域BWAの無線方式に、これまでのWiMAX方式に加え、LTEをベースとしたAXGP方式及びWiMAX R2.1 AE方式も利用できるようになりました。 また、20MHz帯幅の割り当ても可能となり、より高速な通信サービスが可能となっています。

地域BWAの利用イメージ


地域BWAの利用イメージ ※)出典:総務省の地域BWA関連資料(ホームページ)より

周波数と技術方式


周波数と技術方式 ※)20MHz幅システムの使用においては、上側/下側周波数帯の全国BWA事業者との間で調整を行なったうえで、同期を確保する必要があります。

地域WiMAXとは